フレームワークの活用

動的なホームページ作成でのフレームワークの活用

通常のホームページ作成では入力した固定の文章に固定の画像が存在し、文章や画像に設定されたリンクをクリックすることによって決められたページへジャンプするのが一般的です。

それではホームページ内にアンケートを設置し、一問目の回答結果によってジャンプ先のページが異なるようにしたい。
あるいは通信販売の機能を持ったホームページ作成で、カートに入れた商品によって確認ページに移動した際の料金の合計や発送時期をその場で計算して表示したい。
そういったページ間の移動、表示といった挙動を動的に制御したい場合、フレームワークをホームページ作成に用いるのが便利です。

もちろんフレームワークを使用しなくても動的なホームページ作成は可能です。
しかし、その場合はJavascriptやcookieなどホームページを閲覧しているユーザー側のブラウザ上の機能で処理を制御する必要があるため、ユーザー側の設定や、セキュリティソフトによるブロック処理などによって思うように動作しない状況が発生する可能性があります。

それでは通信販売などでお金や大切な個人情報を扱うことはできません。
そこでこのようなサイトの作成では表示ページで入力された情報をウェブサーバー側で処理して次に表示するページをその場で作成してユーザーのブラウザに表示する手法が一般的となっています。

ただ、この方法は処理の内容やホームページのレイアウトが変更となった際に、沢山の修正箇所が発生するため保守が非常に大変です。

そこでフレームワークの登場となります。

フレームワークとはウェブサーバー側で動的な処理を行うための機能の枠組み部分があらかじめ用意されているもので、最低限の処理の流れを手助けしてくれる小規模なものから、通信販売など特定業務に特化した専門的なもの、無料から企業製品まで様々なものが存在するので目的に合わせて選んでください。

フレームワークはホームページ作成やサーバー処理など様々な要素にテンプレートを使用して共通化を図ることが可能なため、ホームページのレイアウトに変更が発生してもページの元となっているテンプレートひとつを修正するだけで関連する全ての部分に修正が反映されたり、個人情報を高セキュリティに取り扱うための部品などが用意されているため、それらを活用すれば一からサーバー処理などを作成するよりもはるかに効率的で信頼性の高いホームページ作成が可能となります。”

Copyright(c) 2016 "見出しが重要なホームページ作成 " All Rights Reserved.